小型船舶操縦士免許教室

小型船舶操縦士免許を取ろう

小型船舶操縦士免許を取ろう

日本でエンジン付きのヨットやボートを操縦するには「小型船舶操縦士免許」が必要です。

と言っても、皆で乗るときは、その中の誰か一人が免許を持っていれば、その人を船長にして、乗っている誰もがヨットやボートを操縦することはできます。

そうかもしれないけど、どうせヨットやボートに乗るようになったのならば、自分でも小型船舶操縦士の資格、免許を取りたいですよね。

小型船舶操縦士の免許を取るには、学科試験と実技試験があり、その両方に合格しなければなりません。

自動車の運転免許と同じように、小型船舶操縦士免許用のスクールがあり、そこへ通えば、教官がボートに一緒に同乗して、操縦のしかたを指導してくれます。教室では、座学の教官が学科試験にでる内容を教えてくれます。このスクールに通って、ちゃんと勉強をして、試験に合格すれば免許は取れます。

でも、自動車の運転免許と違い、小型船舶操縦士の免許は、もっと覚える内容は少ないです。スクールの値段も時間も節約したいのならば、まず学科試験は直接国家試験に受けに行き、合格したら、実技試験だけどこかのスクールに行って取得すれば良いのです。

国家試験でもある小型船舶操縦士免許の学科試験は、マークシート方式で回答用紙にチェックします。つまり、わからない問題でも、何かにチェックさえしておけば、正解する可能性も大いにあるのです。

小型船舶操縦士免許の学科試験勉強のコツとしては、本屋に行けば、今までに出題された学科試験の問題集が売られています。そこに書かれているすべての問題を、試験日当日までに丸暗記してしまえば良いのです。

ほとんどの学科試験問題が、信号は青になったら渡りなさい、赤信号では止まりなさいみたいな常識的な問題ばかりです。中に、ほんの少しだけ三角定規を使ったボートの航路、針路を描く問題があります。それも問題用紙で針路を描いて、答えは回答用紙のマークシートにチェックする問題です。その問題だけ最後に残して、まずは、ほかの問題をすべて丸暗記しましょう。丸暗記が終わったら、三角定規の問題にじっくり取り掛かりましょう。三角定規の問題も、はじめから丁寧にやっていけば、それほど難しいわけではありません。

ぜんぶ丸暗記し終わったら、学科試験当日、試験に臨みましょう。試験は、試験時間いっぱいぎりぎりまで考えて、どうしてもわからない問題にも、すべて必ず回答用紙のマークシートにチェックは入れてから提出しましょう。

ほら、学科試験は意外にかんたんに合格できてしまったでしょう。これで後は、実技試験にさえ合格すれば免許は取れてしまいますね。

参考までに、こちらのコーナーに全ての学科試験問題を掲載しておきます。